一般社団法人 電池工業会
ご意見・お問い合わせ English Version
安全で正しい使い方 処理方法とリサイクル 統計データ 電池の知識 自動車用バッテリの知識 図書のご案内 講習のご案内 電池工業会の紹介

・平成27年度事業報告書

・平成28年度事業計画書

・役員名簿

・電池工業会定款

第1章 総則

第2章 目的及び事業

第3章 会員

第4章 総会

第5章 役員及び顧問

第6章 理事会

第7章 資産及び会計

第8章 定款の変更、解散等

バックナンバー

・平成26年度

・平成25年度

・平成24年度

・平成23年度

・平成22年度

・平成21年度

・平成20年度

・平成19年度

・「国と特に密接な関係がある」特例民法法人への該当性について

 
電池工業会定款

第2章  目的及び事業

(目的)
第3条 この法人は、電池及び電池器具に関する調査研究、環境保全、再資源化、標準化、品質性能及び製品安全に係る施策の推進等を行うことにより、電池及び電池器具工業及び関連産業の健全な発展を図り、もって産業の振興に資するとともに、国民生活における安全性の確保と生活文化の向上に寄与することを目的とする。

(事業)
第4条 この法人は、前条の目的を達成するため、次の事業を行う。
(1) 電池及び電池器具に関する調査研究
(2) 電池及び電池器具に関する環境保全、再資源化、標準化、品質性能及び製品安全に係る施策の推進
(3) 電池及び電池器具に関する普及及び啓発
(4) 電池及び電池器具に関する人材育成
(5) 電池及び電池器具に関する内外関係機関等との交流及び協力
(6) 蓄電池設備整備資格者の育成と認定
(7) 前各号に掲げるもののほか、この法人の目的を達成するために必要な事業
2 前項の事業については、本邦および海外において行うものとする。