一般社団法人 電池工業会
ご意見・お問い合わせ English Version
安全で正しい使い方 処理方法とリサイクル 統計データ 電池の知識 自動車用バッテリの知識 図書のご案内 講習のご案内 電池工業会の紹介

・平成29年度事業報告書

 貸借対照表(PDF)

 正味財産増減計算書(PDF)

・平成30年度事業計画書

 収支予算(PDF)


・役員名簿

・電池工業会定款

第1章 総則

第2章 目的及び事業

第3章 会員

第4章 総会

第5章 役員及び顧問

第6章 理事会

第7章 資産及び会計

第8章 定款の変更、解散等

バックナンバー

・平成28年度

・平成27年度

・平成26年度

・平成25年度

・平成24年度

・平成23年度

・平成22年度

・平成21年度

・平成20年度

・平成19年度

・「国と特に密接な関係がある」特例民法法人への該当性について

 
平成30年度事業計画書

・環境、再資源化への取り組みでは、各地域・国の電池環境規制・リサイクル状況の動向・調査を継続する。調査対象に産業用・車載用も加える。収集した情報は、タイムリーな情報提供に努める。海外の環境関連法・規制の動向に関する情報収集活動を引き続き行い、法規制のまとめを行う。日米欧三極環境専門家会議(TWG会議)、世界二次電池環境規制フォーラム(WRBRF)、国際電池リサイクル会議(ICBR)、欧米日電池回収団体合同会議(IRBCR)等へ出席する。自動車用鉛蓄電池のリサイクルシステムの定着に向けSBRAを引き続き支援していく。

・標準化への取り組みでは、日本にとって不利な規格化を防止するために会議対応を強化する。国際標準の国内技術審議、国際標準化主導による適正化、JIS規格の国際整合化に取り組む。また、国際標準化、国家標準・業界標準対応、各国電池規制対応につとめる。IEC、TC21、SC21Aなどの電池規格の標準化に貢献していく。また、IEEEのほか、ANSI等の各地域・国の標準化活動にも注視していく。

・PL・安全への取り組みでは、一次電池では、電池を正しく使い、事故を未然に防止するための啓発活動を行う。過去の事故事例の収集活動を継続し、安全で正しい使い方への資料とする。小型充電式電池については、電池の正しい使い方の啓発を強化する。電池輸送の重要項目については継続して対応する。輸送の手引書を発行する。

・広報啓発活動の取り組みでは、「電池の安全で正しい使い方」、「電池の正しい廃棄の方法」、「乳幼児の電池誤飲防止」を消費者に向けて広くPRしていく。一般紙、業界紙、雑誌、ホームページ等を活用して、啓発活動を行っていく。また、神戸の「でんちフェスタin神戸」、東京の「でんちフェスタ」および全国での手づくり乾電池教室、電池エネルギー体験教室などを通して電池の啓発を行うと共に、社会貢献事業の一環としても活動範囲を広げていく。

・蓄電池設備認定・講習事業の取り組みでは、認定事業は監督官庁の指導のもとで、非常用蓄電池設備の技術基準を遵守し、蓄電設備の性能と品質の維持、安全性の確保を図り、国内外の企業並びに同製品について、公正で透明性の高い認定業務を実施する。講習事業は、蓄電池設備整備資格者の新規受講者講習を11地区11会場、資格取得後5年毎に受講する再講習を12地区16会場で開催し、蓄電池設備整備資格者の育成につとめる。

・ボタン電池回収処理事業の取り組みでは、情報発信の拡大を通じてボタン電池回収推進センターの認知度を高め、回収協力店数の拡大と回収量の拡大を目指す。回収電池のサンプリング調査を継続して実施し、電池種、製造コード、無水銀品、会員外電池の割合等を調査する。これに加えて、本年度は水銀表示識別ができない空気亜鉛電池について水銀含有量の調査を実施する。専用ホームページより、本事業の啓発と回収協力店の公開および継続的な募集を行なう。