一般社団法人 電池工業会
ご意見・お問い合わせ English Version
安全で正しい使い方 処理方法とリサイクル 統計データ 電池の知識 自動車用バッテリの知識 図書のご案内 講習のご案内 電池工業会の紹介

・平成27年度事業報告書

・平成28年度事業計画書

・役員名簿

・電池工業会定款

第1章 総則

第2章 目的及び事業

第3章 会員

第4章 総会

第5章 役員及び顧問

第6章 理事会

第7章 資産及び会計

第8章 定款の変更、解散等

バックナンバー

・平成26年度

・平成25年度

 事業報告書

 貸借対照表

 正味財産増減計算書

 収支予算

・平成24年度

・平成23年度

・平成22年度

・平成21年度

・平成20年度

・平成19年度

・「国と特に密接な関係がある」特例民法法人への該当性について

 
平成25年度事業報告

・環境、再資源化への取り組みでは、各国・各地域の環境規制に対して積極的に対応した。欧州、アジア、北米、中南米の4地域担当のタスクチームによる情報収集は継続し、「世界の電池環境規制の状況」の追補電子版を作成し、会員各社へ配布した。再資源化では、定置用リチウムイオン蓄電システムの回収リサイクルのスキームを作成した。自動車用鉛蓄電池のリサイクルについてはSBRAに協力し、新自主システムへのスムーズな支援を行なった。産業用蓄電池のリサイクルについては、広域認定共同申請について推進し、環境省の認定を受け、運用ガイドラインの作成を行なった。

・標準化への取り組みでは、JIS改訂版を作成・審議し、日本規格協会に提出・発行した。また、SBA(電池工業会規格)の改訂版を発行した。国際規格対応においては、IEC/SC21Aの規格策定に関わった。大形リチウムイオン電池に関する各種活動には積極的に対応した。

・PL・安全への取り組みでは、重要クレーム情報の分析を行い、消費者へ啓発すべきポイントを抽出し、ホームページに掲載した。会員外の電池事故事例を収集・解析し、電池の安全使用啓発につなげる取り組みを実施した。リスクアセスメント活用事例の作成、電池の正しい使い方に関する啓発資料の作成のほか、表示ガイドラインの対応、電気用品安全法に関する対応、リチウムイオン電池の再利用に関する対応、会員会社で入手した模倣・改造等に関する情報の共有化を図る活動を実施した。自動車用鉛畜電池の安全な取扱いについては、全国のプロユーザー団体・関連団体を訪問し日常点検による安全啓発を推進した。産業用電池の寿命判定の一助として、内部抵抗測定の推奨啓発のためのリーフレットをホームページに掲載した。また、蓄電池の安全確保の為の表示ガイドライン第5版を発行した。

・広報啓発活動の取り組みでは、一般消費者向け「電池の安全で正しい使い方」に「電池の正しい廃棄の方法」を盛り込み啓発活動を多方面で実施した。電池全般を対象とした「電池PRキャンペーン」は、今年度も全国紙を活用し幅広く展開した。一般消費者向けイベントとして、夏の「九州でんちフェスタ」および「関西でんちフェスタ」、秋の「でんちフェスタ」は内容の充実を行なった。本年度も「手作り乾電池教室」を全国24会場で実施し1,001名の子供たちの参加があった。その他、会員各社での開催も多数実施された。

・蓄電池設備認定・講習事業の取り組みでは、蓄電池設備の型式認定・型式変更70件、資格審査登録3件を審査・承認した。蓄電池設備整備資格者の新規受講者講習を11地区で開催し、996名に資格を付与した。また、資格取得後、5年毎に必要な再講習は2,014名が受講した。

・ボタン電池回収処理事業の取り組みでは、平成26年3月末時点で回収協力店は12,788店に増加した。本年度は、メガネ店等の増加が大きかった。本年度実績は、3,843件であり重量で3,507kg(前年度比113%)であった。