一般社団法人 電池工業会
ご意見・お問い合わせ English Version
安全で正しい使い方 処理方法とリサイクル 統計データ 電池の知識 自動車用バッテリの知識 図書のご案内 講習のご案内 電池工業会の紹介

・コイン形リチウム一次電池の誤飲防止パッケージガイドライン発行に関するお知らせ
・リサイクル協力事業者の皆様へ
・電池工業会規格SBA S1101の発行について
・乾電池使用機器の電池室・端子部の寸法設計指針

・補聴器用空気電池の使用上のご注意
・リチウム一次電池の充電禁止のお願い

・リチウムイオン電池をご使用の際は次のことを必ず守ってください

・リチウムイオン二次電池の再利用について

・リチウムイオン電池を安全、快適にお使いいただくために

・模倣品電池パックにご注意

・「非純正バッテリパック」について

・リチウムイオン電池の分解・改造の禁止

・早めのバッテリ交換について

・バッテリの点検について

・「誘導灯、非常灯」JIL適合品のご推奨


 
「非純正バッテリパック」について

皆様お使いのノートパソコンには、バッテリパック(リチウムイオン電池やニッケル水素電池)が内蔵されています。このバッテリパックによって、飛行機や車中のような一般的な電源供給がない場所でもパソコンを使用することができます。

パソコンメーカと電池メーカは、バッテリパックの電池、回路等を安全性、信頼性等を確保するように設計しています。またバッテリパックを製造するにあたり、電池個々の性能に基づき組み合わせています。さらに、各パソコンメーカが充分な検査のうえ出荷しています。このようなプロセスを経て出荷されている純正バッテリパックは、ご使用時にパソコン本体から様々な監視制御が行われています。

しかし、最近このパソコンの純正部品であるバッテリパックのリチウムイオン電池が寿命をむかえて使用できなくなった際、パソコンメーカの純正バッテリパックを使用しないで、非純正バッテリパックを使用されるケースが増えています。このようなバッテリパックは、パソコン本体の設計/制御情報が、どの程度反映されて製作されているかが不明で、このために、トラブルが発生することが危惧される状況です。場合によっては、安全性に関わる問題が発生する可能性があります。万一、このような問題が発生した場合、当然のことながらパソコンメーカ、電池メーカの保証の範囲外となります。

また、過去の使用状況が不明なバッテリパックの使用には注意が必要です。

なお、ノート型パソコン用「非純正バッテリパック」に関するガイドラインに関しては、(社) 電子情報技術産業協会 (JEITA) においても、下記のホームページに掲載されていますのでご参照ください。

ノート型パソコン用「非純正バッテリパック」に関するガイドライン
http://it.jeita.or.jp/perinfo/committee/pc/0503battery/index.html