一般社団法人 電池工業会
ご意見・お問い合わせ English Version
安全で正しい使い方 処理方法とリサイクル 統計データ 電池の知識 自動車用バッテリの知識 図書のご案内 講習のご案内 電池工業会の紹介

・『無水銀アルカリボタン電池の安全性に関するお知らせ』
―輸入電池を使用される機器メーカーの方々へ

・コイン形リチウム一次電池の誤飲防止パッケージガイドライン発行に関するお知らせ
・リサイクル協力事業者の皆様へ
・電池工業会規格SBA S1101の発行について

・乾電池使用機器の電池室・端子部の寸法設計指針

・補聴器用空気電池の使用上のご注意
・リチウム一次電池の充電禁止のお願い

・リチウムイオン電池をご使用の際は次のことを必ず守ってください

・リチウムイオン二次電池の再利用について

・リチウムイオン電池を安全、快適にお使いいただくために

・模倣品電池パックにご注意

・「非純正バッテリパック」について

・リチウムイオン電池の分解・改造の禁止

・早めのバッテリ交換について

・バッテリの点検について

・「誘導灯、非常灯」JIL適合品のご推奨


 
電池工業会規格SBA S1101の発行について

(社)電池工業会は、業界の規格:SBA S1101「産業用リチウム二次電池の安全性試験(単電池及び電池システム)」を7月29日付で発行いたしました。
災害対策や自然エネルギーの活用に蓄電池は不可欠であり、本規格はこれらの用途のリチウムイオン電池を包含します。今後、このSBA規格を骨子に、国際標準化および JIS規格化に取り組みます。
規格の範囲と、目次は以下の通りです。詳しい内容は、電池工業会から発行しております同冊子にてご確認ください。


◆適用範囲
この規格は産業用リチウム二次単電池及び電池システムの安全性試験について規定する。リチウム二次電池には大別して据置用途,移動体用途,携帯機器用途があるが,本規格では据置用途と移動体用途を産業用の適用範囲とする。
 次の用途(アプリケーション)はこの規格の適用範囲に含まれる例である。
 据置用途:テレコム,無停電電源装置(UPS),非常用電源装置,電力貯蔵及びこれらに類似した用途など。
 移動体用途:フォークリフト,ゴルフカート,無人搬送車(AGV),鉄道及び海洋用途など。ただし路上走行車は除く。


◆目次
1 適用範囲
2 引用規格
3 定義
4 パラメータの測定許容差
5 安全性に関する一般事項
 5.1 絶縁及び配線
 5.2 内部圧力低下機能
 5.3 温度,電圧又は電流の管理
 5.4 電池パック及び/又は電池システムの端子接続部
 5.5 電池システムへの単電池,モジュール又は電池パックの組込み
  5.5.1 電池システム設計
 5.6 品質計画
6 一般的試験ガイドライン
7 型式試験条件
8 製品安全(単電池及び電池システムの安全性)
 8.1 試験を行うための充電手順
 8.2 予見可能な誤使用
  8.2.1 外部短絡試験
  8.2.2 衝突試験
  8.2.3 落下試験
  8.2.3.1 全体落下試験
  8.2.3.2 角部及び辺部落下試験
  8.2.4 加熱試験
  8.2.5 過充電試験
  8.2.6 強制放電試験
9 機能安全(システムの安全性)
 9.1 一般要求事項
 9.2 バッテリーマネージメントユニット又はバッテリーマネージメントシステム(BMU) 
  9.2.1 BMUへの要求事項 
  9.2.2 試験を行うための放電手順
  9.2.3 過充電電圧制御確認試験
  9.2.4 過大充電電流制御確認試験
  9.2.5 充電時過熱制御確認試験
 9.3 耐熱暴走試験
  9.3.1 耐内部短絡試験
  9.3.2 耐類焼試験
 9.4 環境に対する配慮
10 安全に関する情報
11 梱包
附属書A 安全に利用するためのリチウム二次電池または電池システムの使用範囲
附属書B 耐内部短絡試験の手順
附属書C(参考)単電池の解体手順