一般社団法人 電池工業会
ご意見・お問い合わせ English Version
安全で正しい使い方 処理方法とリサイクル 統計データ 電池の知識 自動車用バッテリの知識 図書のご案内 講習のご案内 電池工業会の紹介

・電池年表

・電池の歴史

1) 屋井乾電池

2) 一次電池

3) 小形充電式電池
 (二次電池)


4) 鉛蓄電池(二次電池)

・電池の種類

・電池の活躍の場

・電池の上手な選び方

・電池の構造と反応式(例)

・電池の規格について

・携帯電灯の歴史

・携帯電灯の種類

・携帯電灯の性能表記

・光の定義について

乾電池使用上のトラブルについて

Q1. どんなトラブルが多いのですか?

Q2. トラブルの主な原因は何ですか?

Q3. トラブルの内容は具体的にどんなものですか?

乾電池の充電について

Q4. "この電池は充電式ではないので充電すると液もれ、破損のおそれがある" と電池本体に記載されていますが、どうしてですか?

Q5. 乾電池を充電すると「発熱」や「液もれ」、「破損」のおそれがあると記載されていますが、最近販売されている乾電池用充電器で充電した場合はどうなりますか?

Q6. ニカド電池専用充電器で乾電池の充電ができますか?

 
電池のQ&A

Q5. 乾電池を充電すると「発熱」や「液もれ」、「破損」のおそれがあると記載されていますが、最近販売されている乾電池用充電器で充電した場合はどうなりますか?

A. 電池工業会では、乾電池の充電は禁止しています。しかし、乾電池用充電器で充電した乾電池を充放電を繰り返して使用し、容量の減った電池と新しい電池を混用した場合、容量の減っている電池は先に放電を終了し、そのあとも継続して強制的に過放電されるため、発熱やガスの発生が起こって内圧が高まり、液もれしたり場合によっては破裂に至ることもあります。又、充放電を繰り返して使用した電池どうしを組合わせて使用した場合でも、電池の使用状況の違いなどによる容量の差が大きい時は上の例と同じ現象が起こることがあります。万一、アルカリ乾電池が破裂し、アルカリ液が皮膚に付着したり目に入ったりすると、火傷や失明に至るケースも想定されるので絶対に充電は行わないでください。