一般社団法人 電池工業会
ご意見・お問い合わせ English Version
安全で正しい使い方 処理方法とリサイクル 統計データ 電池の知識 自動車用バッテリの知識 図書のご案内 講習のご案内 電池工業会の紹介

・2016年「みらいのでんち」アイデアコンテスト 受賞者発表

・2015年「みらいのでんち」アイデアコンテスト 受賞者発表

・全国手づくり乾電池教室

・でんちフェスタ

・2015年各種PR活動

・2014年各種PR活動

・2013年各種PR活動

・2012年各種PR活動
でんちフェスタ  

2015 年11 月7 日( 土)、東京・お台場の日本科学未来館にて、毎年恒例の「でんちフェスタ」を、東京都教育委 員会殿、TOKYO MX テレビ殿の後援で開催しました。

今回で16 回目を迎えた“でんちフェスタ”は、11 月11 日の電池の日から、12 月12 日のバッテリーの日までの“ 電 池月間”の行事の一環として行っているイベントで、日頃から慣れ親しんでいる電池を広く一般に再認識していただ くことを目的に実施しています。

当日は1,748 名の方にご来場いただき、多くの方に電池について学んでいただきました。


でんちフェスタ でんちフェスタ でんちフェスタ
でんちフェスタ でんちフェスタ

■実施内容
・「手づくり乾電池教室」: 本物とほぼ同じ材料から単1 形マンガン乾電池を作っていただきました。
・「電池エネルギー体験教室」: 身近な材料を使った電池に関する実験やビデオ観賞を通じて、電池の仕組みや安全 で正しい使い方を学んでいただきました。
・「こども電池○ ×クイズ」: 電池の知識をクイズ形式で競っていただきました。また、クイズの合間に、ボタン電 池等の誤飲防止に関する注意を喚起する説明を行ないました。
・「虎の子レース」: 自分で作ったマンガン乾電池の性能を、おもちゃを使い競っていただきました。
・「展示」: 電池に関する知識が身に付くパネルと製品展示を行いました。ボタン電池の展示場所の後ろに誤飲防止 に関するパネルを展示し、注意喚起につとめました。
・「充電池体験コーナー」: 手回し発電機で充電し動くおもちゃを通じて、充電池を体験していただきました。
・「でんちスマートボール」: スマートボールを楽しみながら、直列と並列について学んでもらいました。
・「みらいのでんちアイデアコンテスト」: 全国の子どもたちから寄せられた”夢の電池”の優秀作品を展示するとと もに、優秀作品を作成した子供たちの表彰式を行いました。



でんちフェスタ でんちフェスタ でんちフェスタ


でんちフェスタinいわて  

でんちフェスタinいわて

一般社団法人電池工業会では、電池をもっと身近に感じて頂き、電池を正しく使ってもらうことを目的に、「でんちフェスタ」を毎年11 月に東京地区で開催しています。その地方版として、盛岡市子ども科学館( 岩手県盛岡市)において「でんちフェスタin いわて」を盛岡サイエンスグループと共催で開催しました。東北地方開催となった今回は、開催前より多くのお問い合わせをいただくなど高い関心をお寄せいただき、会場の駐車場が満杯になるなど、多くの親子連れで賑わいました。

「でんちフェスタ i n いわて」では、小学生のお子様をはじめご家族みんなで楽しめるよう、以下の内容を実施いたしました。
・「手づくり乾電池教室」: 本物とほぼ同じ材料を使い単1 形マンガン乾電池を作っていただきました。
・「虎の子レース」: 自分で作ったマンガン乾電池の性能を、おもちゃを使い競っていただきました。
・「クイズラリー」: 展示パネルに隠されたヒントをもとに電池に関する知識を身に付けていただきました。
・「こども電池○ ×クイズ〜 実験ショー〜 」:実験ショーでは、岩手県にちなんで地元産のチーズやヨーグルト、豆腐などを使って電池ができるかどうかを実験しました。その後のこども電池○ クイズでは、電池に関するいろいろなクイズに挑戦してもらうことで、楽しみながら勉強してもらいました。
・「充電池体験コーナー」: 手回し発電器でニッケル水素電池に充電したミニ四駆を走らせる充電体験をして頂きました。
・「みらいのでんちアイデアコンテスト」:お子様達に自由な発想で“みらいの電池”を考えていただき、その作品を応募していただきました。

来場した子供たちは、手作り乾電池教室で、初めて作った電池で豆電球が光ったときに歓声をあげたり、その電池の性能を試す「虎の子レース」で競いあったり楽しんでいました。また、手回し充電器による充電体験のコーナーも多くの方に体験いただき、終日に渡り大いに賑わいました。






でんちフェスタinかごしま  

でんちフェスタinかごしま

電池工業会では、2015 年8 月29 日( 土)に「子供たちに向けた電池に関する啓発活動」の一環として鹿児島市立科学館にて「でんちフェスタinかごしま」を鹿児島市立科学館殿との共催で開催いたしました。

九州では3 回目の開催となり、鹿児島では昨年に続いてのでんちフェスタ開催ということもあり、共催となる鹿児島市立科学館殿とともに事前のPR 活動に尽力した結果、1,219 名と昨年に引き続き大変多くのお客様にご来場いただき、会場内は終始にぎわいました。

でんちフェスタは、3 階と4 階の展示場で開催され、自分の手で単1 形マンガン乾電池を作る「手づくり乾電池教室」や手作り乾電池で虎の子のおもちゃを走らせる「虎の子レース」、電池に関するクイズとミニ実験を合体させた「こども電池〇×クイズ〜 実験ショー〜 」をはじめとする様々なプログラムなどを行いました。なかでも、「手づくり乾電池教室」は、終日参加希望者が多く、多くの方に体験していただきました。

また、「こども電池〇×クイズ〜 実験ショー〜 」では、クイズの合間に、電池工業会からのお願いとして、乳幼児の電池の誤飲防止に向けた啓発活動を行いました。