一般社団法人 電池工業会
ご意見・お問い合わせ English Version
安全で正しい使い方 処理方法とリサイクル 統計データ 電池の知識 自動車用バッテリの知識 図書のご案内 講習のご案内 電池工業会の紹介

・乾電池、リチウム一次電池

・ボタン電池

・リチウムイオン二次電池、ニッケル水素・ニカド電池

リサイクル協力事業者の皆様へ

・自動車用バッテリ

・産業用電池

広域処理

廃電池処理パターン

よくある質問集

広域認定運用マニュアル


・欧州指令の電池の解釈

・リサイクルマーク表示ガイドラインの改定

 
日本市場におけるリチウムイオン電池のリサイクルマーク表示ガイドラインの改定について

1.背景

  • 日本では、「資源の有効な利用の促進に関する法律」により、リサイクルマークの表示と使用済み小形充電式電池の回収と再資源化が義務付けられています。また省令で小形充電式電池の再資源化の目標値が決められており、リチウムイオン電池は、30%以上となっています。
  • 電池のリサイクルエ程において、現行の技術では、スズ(Sn)とリン(P)を有用な主金属から分離する事は非常に困難となっています。
  • 電池工業会は、電池リサイクラーより、ある閾値以上のスズ、リンを含有するリチウムイオン電池を特定するため、これらの電池に対して、追加のマークを表示して欲しいとの要請を受けました。この要請に対し、電池工業会で検討した結果、自主協定のガイドラインに追加のマークを表示する事を決定いたしました。
  • 2015年2月、最新情報を盛り込み、第7版を発行いたしました。
2.表示と算出方法
  • 例:スリーアローマークの近隣に"Li-ion00"の表示
    最初の番号:正極活物質中の最大含有金属
     0:コバルト
     1:マンガン
     2:ニッケル
     3:鉄
    2番目の番号:主金属のリサイクルを阻害する金属
     0:無し
     1:単電池重量に対して単電池含有分のスズ(Sn)が、1.0wt%を超えて含有
     2:単電池重量に対して単電池含有分のリン(P)が、0.5wt%を超えて含有