一般社団法人 電池工業会
ご意見・お問い合わせ English Version
安全で正しい使い方 処理方法とリサイクル 統計データ 電池の知識 自動車用バッテリの知識 図書のご案内 講習のご案内 電池工業会の紹介

・誤飲に関するご注意

・一次電池
(乾電池、ボタン電池、
リチウム一次電池)


・リチウムイオン二次電池

・ニッケル水素・ニカド電池

・自動車用バッテリー

・産業用電池

・その他

誘導灯・非常灯について

携帯電灯の正しい使い方

 
ニッケル水素電池、ニカド電池の安全で正しい使い方

 

電池の+・−(プラス極・マイナス極)を逆にして使わない 1)  電池の+・−(プラス極・マイナス極)を逆にして使わない

3本以上の電池を使う機器の中には1本を逆に入れても動くものがあります。逆になった電池が充電され、発熱、液もれ、破裂するなどして危険です。

 

電池はショート(短絡)させない 2) 電池はショート(短絡)させない

電池のプラス端子とマイナス端子を金属で接続しないでください。また、電池をネックレスやヘアピン、コイン、鍵などと一緒に持ち運んだり、保管しないでください。電池のプラスとマイナスがこれらの金属によりショート(短絡)し、過大な電流が流れ、電池が発熱、破裂、発火、あるいはこれらの金属などが発熱するなどして危険です。

 

電池の異常に気づいたら使用を中止する 3) 電池の異常に気づいたら使用を中止する

電池が液もれしたり、変色、変形、その他今までと異なることに気づいたら使用しないでください。そのまま使い続けると、電池が発熱、破裂するおそれがあります。

 

決められた充電器で充電する 4) 決められた充電器で充電する

プラス極、マイナス極を間違えず、正しい方法で決められた充電器を使用してください。専用器以外を使用すると、電池が発熱、液もれ、破裂するおそれがあります。

 

異なる種類、銘柄の電池、フル充電、使用途中の電池を混ぜて使わない 5) 異なる種類、銘柄の電池、フル充電の電池と、使用途中の電池を混ぜて使わない

種類や銘柄(メーカー名)の違う電池を混ぜて使ったり、同じ種類、銘柄でも、フル充電の電池と、使用途中や未充電の電池を混ぜて使うと、発熱、液もれ、破裂を起こすことがあります。電池を交換する時は、同じ種類、銘柄でフル充電した電池を使ってください。

 

電池を乳幼児のそばに放置しない 6) 電池を乳幼児のそばに放置しない

間違って飲み込まないよう注意してください。万一飲み込んだ場合は、すぐに医師に相談してください。また、乳幼児が充電器や使用機器から電池を取り出さないように注意してください。

 

機器の使用後は必ずスイッチを切る 7) 機器の使用後は必ずスイッチを切る

液もれの原因の多くは、スイッチの切り忘れです、使用後は必ずスイッチを切ってください。

 

長い間使用しない時は、電池を機器から取り出す 8) 長い間使用しない時は、電池を機器から取り出す

スイッチを切っていても機器の中の電池は電気が少しずつ減っていきます。液もれの原因にもなりますので長期間使用しない場合は電池を取り出しておいてください。
取り出した電池は、個別にケースに入れるなどして、ショート(短絡)しないように注意してください。

 

電池の液が皮膚や衣服についたら、水で洗い流す 9) 電池の液が皮膚や衣服についたら、水で洗い流す

電池の中の液が皮膚や衣服についたら、きれいな水で洗い流してください。万一、目に入った場合は、すぐにきれいな水で洗い流して、医師の診察を受けてください。

 

電池は直射日光、高温多湿の場所を避けて保管する 10) 電池は直射日光、高温多湿の場所を避けて保管する

電池の保管も人と同じ環境が望ましいです。湿度が高いと電池に露(水分)がつき、ショート(短絡)することがあります。また、高温下に長い間放置されると性能が低下します。

 

電池に強い衝撃を加えない 11) 電池に強い衝撃を加えない

電池を高所から落としたり、投げつけたりして強い衝撃を与えないでください。変形して内部ショート(短絡)し、液もれ、発熱、破裂するおそれがあります。

 

電池を濡らさない 12) 電池を濡らさない

水、海水、ジュースなどの液体で電池を濡らすとショート(短絡)したり、さびたりします。

 

電池は火中に投入しない 13) 電池は火中に投入しない

電池を火中に投入したり、加熱しないでください。発熱、破裂、発火することがあり、危険です。

 

外装チューブをはがさない 14) 外装チューブをはがさない

電池の外装チューブをはがしたり、キズをつけないこと。
電池がショート(短絡)状態となり易く、電池が液もれ、発熱、破裂する原因となります。

 

電池は分解、改造はしない 15) 電池は分解、改造しない

電池を分解すると内容物で化学やけどを負ったり、破裂し発火する場合があり危険です。また、改造すると危険を防ぐ機能がそこなわれ、破裂、発熱、発火の原因となります。

 

電池に直接ハンダ付けしない 16) 電池に直接ハンダ付けしない

電池の端子に直接ハンダ付けしないでください。熱により絶縁物が溶けたり、ガス排出弁や保護機構が損傷し、発熱、破裂、発火の原因になり危険です。

 

電池の模造品(にせもの)や改造品に注意 17) 電池の模造品(にせもの)や改造品に注意

製造メーカー名や販売会社名などの表示や注意書きのない電池は模造品(にせもの)や改造品の疑いがあります。模造品(にせもの)や改造品の中には、危険防止のための安全機構が傷んだり、なかったりするものがあります。破裂、発火したりして危険ですので、購入する際は十分注意してください。