一般社団法人 電池工業会
ご意見・お問い合わせ English Version
安全で正しい使い方 処理方法とリサイクル 統計データ 電池の知識 自動車用バッテリの知識 図書のご案内 講習のご案内 電池工業会の紹介

・一次電池
(乾電池、ボタン電池、
リチウム一次電池)


・リチウムイオン二次電池

・ニッケル水素・ニカド電池

・自動車用バッテリー

・産業用電池

・その他

誘導灯・非常灯について

携帯電灯の正しい使い方

 

携帯電灯の正しい使い方

 

1) 電池の+・−(プラス極・マイナス極)を逆にして使わない

電池や携帯電灯には極性(+)、(−)の表示があるので、これに従って常に電池を正しい方向に装着してください。電池が携帯電灯の中に誤った方向で装着されると充電された場合、急激な温度上昇で液もれや発熱、破裂などして危険です。
2) 異なる種類・銘柄の電池、新旧電池を混ぜて使わない

種類や銘柄(メーカー名)の違う電池を混ぜて使ったり、同じ種類や同じ銘柄でも、新しい電池に使いかけの電池や使用済みの電池を混ぜて使うと、発熱、液もれ、破裂、を起こすことがあります。電池を交換する時は、同じ種類、同じ銘柄の新しい電池を使ってください。
3) 電池を使い切ったら、早めに取り出す

使い切った電池を長い間、携帯電灯の中に放置すると液もれなどを起こして携帯電灯を傷めることになります。使い切ったら電池を早めに取り出してください。
4) 携帯電灯を長い間使用しない時は、電池を取り出す

スイッチを切っていても携帯電灯の中の電池は電気が少しずつ減っていくものもあります。液もれの原因にもなりますので長期間使用しない場合は電池を取り出しておいてください(非常用を除く)。

取り出した電池は、個別にケースに入れるなどして、ショート(短絡)しないよう注意してください。
5) 携帯電灯を使用した後は必ずスイッチを切る

液もれの多くは、スイッチの切り忘れによる電池の消耗が原因です。使用後は必ずスイッチを切ってください。
6) 定期的に携帯電灯や電池の状態を点検する

携帯電灯により常に弱い電流が流れ電池が消耗しているものがあります。携帯電灯が暗くなった場合は電池の消耗と思われますので早い時期に電池をお取替えください。
7) 携帯電灯は炎天下の車内、高温多湿の場所を避けて保管する

携帯電灯を高温又は高湿の場所に保管すると携帯電灯の変形によるショートや、電池の性能が低下したり、端子表面が腐食したりして携帯電灯の故障や、電池性能を十分に引き出せなくなる原因になります。
8) 携帯電灯の光を目に当て続けない

目をいためる原因になります。
9) 豆球の交換は、器具にセットされていた豆球と同じものを使用する

器具を破損させることがあります。